Wi-Fiに繋いでるのに動画が止まる!今すぐできる対処法を紹介

Wi-Fiに繋いでるのに動画が止まる!今すぐできる対処法を紹介

通常、動画はWi-Fiを使うとスムーズに再生されますが、場合によっては途中で止まることや、カクカクすることもあります。

いいところで動画が途切れるのは結構なストレスです。かと言ってモバイル回線を使えばギガを消費してしまうことに。できればWi-Fiでスムーズに動画が再生されるようにしたいですよね。

そこで今回は、Wi-Fiに繋いでるのに動画が止まるときの対処法をご紹介します。

フリーWi-Fiは動画を見るのには不向き

動画を見るのにコンビニやドラッグストアなどのフリーWi-Fiを使用している場合、自宅のWi-Fiを使用するだけで問題が解決する可能性があります。

なぜなら、フリーWi-Fiは以下のような理由から通信速度が遅くなりがちだからです。

  1. ルーターとの距離が遠い
  2. ルーターと端末の間に障害物がある
  3. Wi-Fiに接続している端末の数が多い

フリーWi-Fiは、LINEやちょっとした調べ物に使うのにはいいですが、動画を視聴する環境としては快適とは言えません。動画を見るときは通信が安定した自宅のWi-Fiを使用しましょう。

Wi-Fiに繋いでるのに動画が止まるときの対処法

Wi-Fiに繋いでるのに動画が止まるときの対処法には、以下のようなものがあります。

  1. 端末を再起動する
  2. ネットワーク機器を再起動する
  3. アプリやタブを閉じる
  4. ルーターの設置場所を変える
  5. ルーターのチャンネルを変える
  6. サーバーの障害が解消されるのを待つ
  7. サーバーが混雑する時間帯を避ける
  8. 中継機を設置する
  9. 有線LANで接続する
  10. ルーターを買い替える
  11. 端末を買い替える
  12. ポケットWi-Fiから光回線に乗り換える
  13. 光回線の転用・事業者変更・プロバイダを変更する
ミオ
ミオ

対処法7まではお金のかからない対処法なので、今すぐにでも試せます。対処法8以降はお金や時間のかかる対処法ですが、問題が解決する可能性が高い方法です。

対処法1:端末を再起動する

スマホやパソコンなどの端末に何らかの不具合が発生していてWi-Fiが遅くなることもあります。その場合は端末を再起動すると問題が解決します。

対処法2:ネットワーク機器を再起動する

端末を再起動しても状況が改善しない場合は、ルーターやONUなどのネットワーク機器の再起動も試してみましょう。再起動の手順は以下のとおりです。

  1. ルーターの電源を切る
  2. ONUの電源を切る
  3. ONUの電源を入れる
  4. ONUの電源ランプが点灯したら、ルーターの電源を入れる

なお、ONUではなくモデムを使用している場合は、「ONU=モデム」と考えて作業してください。

対処法3:アプリやタブを閉じる

端末のメモリが不足すると、処理速度が低下して動作がカクカクしたり、フリーズしたりします。

メモリは、複数のアプリを同時に立ち上げたり、複数のタブを同時に開いたりすると不足しやすいです。使用していないアプリやタブがあれば、いったん閉じましょう。

対処法4:ルーターの設置場所を変える

ルーターと端末の間に壁や家具、電子レンジのような電波を放つものがあると、それらがWi-Fiの電波を遮ったり、電波に干渉したりして、Wi-Fiが遅くなることがあります。

ルーターは端末との間に遮るものが少ない位置に設置するのが望ましいです。

対処法5:ルーターのチャンネルを変える

ルーターには5GHz帯と2.4GHz帯の2種類の周波数があり、それぞれ複数のチャンネルがあります。

このうち2.4GHz帯は、複数の端末で同じチャンネルを使うと、電波干渉が起こってWi-Fiが遅くなることがあります。電波干渉を防ぐには、端末ごとにチャンネルを変える必要があります。

ルーターのチャンネルの変更方法については、メーカーの公式サイトを参考にしてみてください。

注意

ルーターのチャンネルを変更すると逆にWi-Fiが遅くなることもあります。その場合は元の設定に戻しましょう。

対処法6:サーバーの障害が解消されるのを待つ

Wi-Fiが遅いのではなく、YouTubeやAmazonプライム・ビデオなど、見ているサイトのサーバーに障害が発生していて動画が止まりやすくなっている可能性もあります。

障害が発生しているかどうかは、GoogleやTwitterで「サイト名 障害」などのキーワードで検索してみるとわかるはずです。障害が発生している場合は、その障害が解消されるまで待ちましょう。

対処法7:サーバーが混雑する時間帯を避ける

サイトにアクセスが集中してサーバーが混雑することでも動画が止まりやすくなります。これもWi-Fiの問題ではなく、サーバーの問題です。

サーバーが混雑する時間帯は20時~24時です。この時間帯を避けることで快適に動画を視聴できるようになるかもしれません。

対処法8:中継機を設置する

たとえば、1階にルーターを設置していて、2階でスマホやパソコンを使用している場合、Wi-Fiが届きにくくなって遅くなることがあります。この場合、ルーターと端末の間に中継機を設置することで、Wi-Fiの速度が向上する可能性があります。

中継機は、最新規格である「Wi-Fi6」かどうか、「デュアルバンド同時接続」が可能かどうかで選ぶといいでしょう。

対処法9:有線LANで接続する

ルーターと端末がLANケーブルで接続できる距離にある場合、Wi-Fiにこだわらず有線LANで接続するのも一つの方法です。

対処法10:ルーターを買い替える

ルーターは10年程度使用することもできますが、5年程度で買い替えるのが一般的です。長期間使用すると、規格が古くなったり、本体が劣化したりして、Wi-Fiが遅くなることがあるからです。

レンタルではなく購入したルーターをお使いの場合は、買い替えも検討しましょう。

対処法11:端末を買い替える

スマホだけ、パソコンだけなど、特定の端末でだけWi-Fiが遅い場合、その端末に問題がある可能性があります。

購入して間もない場合は修理に出すのがおすすめですが、4年以上使用している場合は寿命かもしれず、修理に出してもまたすぐに問題が発生する可能性が高いです。コスパ的には買い替えたほおうがお得です。

対処法12:ポケットWi-Fiから光回線に乗り換える

ポケットWi-Fiと光回線では、光回線のほうが圧倒的に速いです。現在ポケットWi-Fiを使用されている方は、光回線への乗り換えも検討してみましょう。

工事ができない場所に住んでいて光回線を利用できない場合は、ホームルーターを選択するという方法もあります。ホームルーターは工事不要ですし、光回線より遅いもののポケットWi-Fiよりは速いです。

対処法13:光回線の転用・事業者変更・プロバイダを変更する

同じ光回線でも、契約している回線やプロバイダによって速度に違いがあります。Wi-Fiの速度を向上させたい場合は、光回線の乗り換えも検討しましょう。

光回線を乗り換える場合、以下のようなケースが考えられます。

やること
回線の変更別の回線に乗り換えるフレッツ光 → auひかり
プロバイダの変更別のプロバイダに乗り換えるBIGLOBE → GMOとくとくBB
転用「フレッツ光」から「光コラボ」に乗り換えるフレッツ光 → ドコモ光
事業者変更「光コラボ」から「別の光コラボ」に乗り換えるドコモ光 → So-net光
※プロバイダの変更は「フレッツ光」と「ドコモ光」のみ可
MEMO

光コラボとは、プロバイダがフレッツ光の回線に独自のサービスを追加して提供している光回線のことです。

まとめ

今回は、Wi-Fiに繋いでるのに動画が止まるときの対処法をご紹介しました。

Wi-Fiに繋いでるのに動画が止まる場合、まずは端末の再起動を試してみましょう。Wi-Fiではなく有線LANで接続してみるのも一つの手です。

いろいろ試してみても状況が改善しない場合は、機器の買い替えやネット回線の乗り換えなども検討してみてくださいね。