DIGAの録画モードのおすすめはコレ!画質の違いも解説

DIGAの録画モードのおすすめはコレ!画質の違いも解説

ブルーレイ・DVDレコーダーの「DIGA」には、録画モードがたくさんあります。

録画するときやダビングするとき、どの録画モードにするべきか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、DIGAの録画モードのおすすめをご紹介します。画質の違いや録画モードの変更方法などもあわせてご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

DIGAの録画モードの画質の違い

まずは、どの録画モードがどの画質に該当するのか、またそれぞれどのような特徴があるのか解説します。

放送画質:DR

DRは、デジタル放送を「そのままの画質」で録画するモードで、「放送画質」に該当します。DIGAの録画モードの中でもっとも高画質です。

ただ高画質な分、HDDの容量を多く消費します。空き容量を確保するには、すぐに番組を消去する必要や、ダビングする必要が出てきます。

ハイビジョン画質:1.5~15倍録

1.5~15倍録は、デジタル放送を「少し劣化させて」録画するモードで、「ハイビジョン画質」に該当します。

1.5~15倍録の間で21段階の録画モードが用意されており、「○倍録」の「○」の数字が小さいほど高画質、大きいほど低画質となっています。

MEMO

「○倍録」の「倍録」とは、DRに対して容量が「○分の1」、記録できる時間が「○倍」という意味です。たとえば、5倍録ならDRの「5分の1」の容量で済み、DRの「5倍」の時間記録できます。

標準画質:XP・SP・LP

XP・SP・LPは、デジタル放送を「従来のアナログ放送と同じくらいの画質」で録画するモードで、「標準画質」に該当します。

3つの画質の中でもっとも低画質ですが、それでもDVDと同じくらいの画質です。ちなみに画質の良さは、XP>SP>LPとなっています。

なお、最初からXP・SP・LPで録画することはできません。ダビングする際、画質を落とす必要があるときに選べる録画(変換)モードとなっています。

DIGAの録画モードのおすすめ

DIGAの録画モードは、

  • 画質を優先する場合:DR
  • スポーツ番組など動きの激しい番組:DR~5倍録
  • HDDの残量を優先する場合:5.5~15倍録

このように、優先したいものや番組内容に応じて変更するのがおすすめです。

ネットの口コミを見ると「10倍録あたりまでは許せる」という人が多かったので、番組によって録画モードを変更するのが面倒な場合は、10倍録以上にしておくといいかもしれません。

DIGAの録画モードの変更方法

DIGAの録画モードの変更方法は、以下の2つのパターンに分けてご紹介します。

  1. デフォルトの録画モードを変更する方法
  2. 録画後に録画モードを変更する方法

デフォルトの録画モードを変更する方法

デフォルトの録画モードは、以下の手順で変更できます。

  1. リモコンの「録画モード」を押す
  2. 録画モードを選択する

なお、ハイビジョン画質の中に選びたい録画モードがない場合は、「○倍録」のいずれかを選択した状態でリモコンの「サブメニュー」を押します。すると、1.5~15倍録までの21段階の中から録画モードを選ぶことができます。

録画後に録画モードを変更する方法

録画番組をダビングする際、画質を落とす必要があるときは、以下の手順で録画モードを変更します。

  1. 録画番組を選択する
  2. リモコンの「サブメニュー」を押す
  3. 「番組編集」を選択する
  4. 「録画モード変換」を選択する
  5. 「録画モード」を選択する
  6. 録画モードを選択する
  7. 「確定」を選択する
注意

元の録画モードより高画質な録画モードに変更することはできません。

DIGAの録画番組をダビングできるメディア

DIGAの録画番組をダビングできるメディアは以下のとおりです。

繰り返し記録1回のみ記録
DR以下を記録BD-REBD-R
1.5倍録以下を記録DVD-RAM
DVD-RW
DVD-R

BD-RE」や「BD-R」ならすべての録画モードに対応しているので、迷ったらこのどちらかを選ぶといいでしょう。

created by Rinker
バーベイタムジャパン(Verbatim Japan)

DVDの記録方式とそれぞれの特徴

DVDにダビングするとき、記録方式がいろいろあって「いったいどう違うの?何を選べばいいの?」と悩んだことはありませんか?

記録方式は、「コピー制限番組を記録の可否」や「再生可能な機器」で違いがあります。

コピー制限番組の記録再生可能な機器
AVCREC方式AVCREC方式対応機器のみ
VR方式VR方式対応機器のみ
ビデオ方式ほとんどの機器

ただし、いずれにしても「ファイナライズ」しないとお使いのDIGA以外の機器で再生できません。

ちなみに、デジタル放送をダビング・再生できるのはCPRM対応の製品のみです。今はほとんどがCPRM対応ですが、メディアや再生機器を購入する際は注意しましょう。

まとめ

今回は、DIGAの録画モードのおすすめをご紹介しました。

DIGAの録画モードは、優先したいものや番組内容に応じて変更するのがおすすめです。画質を優先する場合は「DR」、スポーツ番組など動きの激しい番組の場合は「DR」から「5倍録」の間、HDDの残量を優先する場合は「5.5倍録」から「15倍録」の間にするといいでしょう。