YouTubeの子供向け動画が保存できない!再生リストや後で見るに保存するには?

YouTubeの子供向け動画が保存できない!再生リストや後で見るに保存するには?

先日、YouTubeでとある動画を保存しようとしたら

「子ども向けのコンテンツでは、この操作が無効です」

と表示され、動画が保存できなかったんです。

ミオ
ミオ

え? なんで??

しつこく保存ボタンを押してみたり、設定が悪いのかと思ってアプリの設定を見直してみたりもしたんですが、ダメで・・・

でも、ある方法を試してみたらすんなり保存することができました!

そこで今回は、YouTubeの子供向け動画を再生リストや後で見るに保存する方法をご紹介します。

YouTubeの動画を保存できないで困っている方は必見です。

YouTubeの子供向け動画が再生中に保存できないのはなぜ?

その時私が保存しようとしてできなかったのは、子供でもできる簡単な工作の作り方についての動画。

ミオ
ミオ

確かに内容は子供向けだけど、どうして子供向け動画は保存できないんだろう?

気になって調べてみると、どうやら2019年11月から子供向け動画に対する規制が強まり、子供向け動画はさまざまな機能が制限されるようになったみたいです。

規制が強まったのは、YouTubeが「保護者の同意なしに子供の個人情報を違法に収集した」として訴えられ、約1億7,000万ドル(約180億円)の和解金を支払ったことが背景にあるのではないかと言われています。

YouTubeが「子供向け動画は安全に使えるようにしよう」と考え動いた結果が、子供向け動画の一部機能の制限なのでしょう。

「とは言っても、動画を保存できないのは困る・・・」

そんな方もたくさんいると思います。

実は、子供向け動画が保存できないのは再生中の話。保存する方法はちゃんとあるので安心してくださいね。

【実は簡単】YouTubeの子供向け動画を保存する方法

それでは、YouTubeの子供向け動画を再生リストや後で見るに保存する方法をご紹介します。

手順1:視聴履歴から保存したい動画を探す

保存したい動画を再生後、「ライブラリ」をタップして視聴履歴から保存したい動画を探します。

YouTubeの子供向け動画が保存できない!再生リストや後で見るに保存するには?

手順2:保存または再生履歴管理画面に移動する

保存したい動画のメニューボタンをタップし、「~に保存」という項目があればそれをタップして保存完了です。

YouTubeの子供向け動画が保存できない!再生リストや後で見るに保存するには?
YouTubeの子供向け動画が保存できない!再生リストや後で見るに保存するには?

「~に保存」という項目がなければ「再生履歴を管理する」という項目があるはずですので、それをタップします。

YouTubeの子供向け動画が保存できない!再生リストや後で見るに保存するには?

手順3:保存する

再生履歴管理画面に移動したら、保存したい動画のメニューボタンをタップし、「~に保存」という項目をタップします。これで保存完了です。

YouTubeの子供向け動画が保存できない!再生リストや後で見るに保存するには?
YouTubeの子供向け動画が保存できない!再生リストや後で見るに保存するには?

その他には、タップ以外の作業の必要が出てくるのでやや面倒ですが、動画タイトルで検索してヒットした動画のメニューボタン→「~に保存」の順にタップするというやり方もあります。

YouTubeの子供向け動画が保存できない!再生リストや後で見るに保存するには?

YouTubeの子供向け動画を保存する方法まとめ

以上、YouTubeの子供向け動画を保存する方法でした。

YouTubeの子供向け動画は一見保存できないようですが、実はちゃんと保存できます。

視聴履歴や再生履歴管理画面から保存したい動画のメニューボタンをタップすれば再生リストや後で見るに保存できるようになっているので、ぜひ試してみてください!

いつもより手間が増えますが、保存しておけばいつでも簡単に見返せるので便利ですよ♪

YouTubeをテレビの大画面で見たい方には以下の記事もおすすめです。

YouTubeや動画配信サービスをテレビで見るおすすめの方法2つYouTubeや動画配信サービスをテレビで見るおすすめの方法2つ