映画のエンドロールの名前はどういう順番?並びで役どころや業界の立ち位置が分かる!

映画のエンドロールの名前はどういう順番?並びで役どころや業界の立ち位置が分かる!

映画本編が終わった後に流れるエンドロール、あれってどういう順番なのか気になりませんか?

重要な役どころが最初のほうだと思って見ていると、

ミオ
ミオ

あれっ?この人このタイミングで出るんだ・・・

と、意外な順番に驚くことも。

そこで今回は、映画のエンドロールの名前はどういう順番になっているのか調べ、わかったことをまとめたいと思います!

映画好きなら知っておいて損はないですよ♪

▼面白い映画をお探しの方にはこちらの記事もおすすめです!

観て良かった!本気でおすすめな面白い映画ランキングBEST30観て良かった!本気でおすすめな面白い映画ランキングBEST30

エンドロールとは

エンドロールとは、本編終了後に流れるキャストやスタッフなどの名前の一覧のことで、「エンディングロール」「スタッフロール」などとも言います。

ミオ
ミオ

ちなみにオープニングで流れるのは「オープニングクレジット」だよ!

エンドロールの名前の順番はセンシティブな問題で、順番によっては出演者と制作側で揉め事に発展することもあるんだとか。

有名なのは、『必殺仕事人』シリーズの「中村主水の主人公問題」

中村主水を演じた藤田まことさんは、主役にも関わらず長きにわたり「トメ」に置かれ、このままならシリーズの降板も止む得ないと厳重に抗議した結果、やっと先頭に名前を出してもらえることになったそうです。

MEMO

トメとは、キャストの一番最後に目立つように表示される大御所ボジションのことです。

このようなことがあったため、多くの視聴者は藤田さんが主役だということを認識していなかったと言います。

では、エンドロールの名前はどういう順番で流れるのが一般的なのでしょうか?

映画のエンドロールの名前の順番

映画のエンドロールの名前の順番について調べてみると、キャストについてはおおむね以下のような順番になっていることがわかりました。

  1. 主役
  2. 準主役
  3. 脇役
  4. 端役
  5. 脇役(大御所)

最近見た映画『見えない目撃者』で確認してみたのですが、大体この通りの並びとなっていました。

また、主役、準主役、脇役(大御所含む)は前後にスペースを広くとり目立つようになっていた一方、端役は2列かつ前後にスペースがなくあまり目立たない印象でした。

ミオ
ミオ

「この人の名前、なんだったっけ・・・」「見たことないけど、かっこよかったなぁ」っていう人がいたら、役どころや業界での立ち位置を考えればエンドロールで名前を見つけやすいってことだね!

全体としての順番にはこれといった決まりはないようですが、一般的には「キャスト」「プロデューサー」「脚本」「音楽」は最初のほう、最後は「監督」となっているようです。

こちらも同作で確認してみたところ、以下のような並びとなっていました。

  1. キャスト
  2. 製作
  3. プロデューサー
  4. 脚本
  5. 音楽
  6. スタッフ(撮影、美術、照明など)
  7. 協力(取材、ロケーション、宣伝など)
  8. 監督

スタッフについてはまず最初に「撮影」「美術」「照明」などが流れ、その後に「撮影助手」など「○○助手」、さらにその後に「撮影応援」などの「○○応援」という肩書の方の名前が流れていました。

映画のエンドロール後のメッセージの意味

映画のエンドロール後には、以下のようなメッセージが表示されることがあります。

  • In memory of 〇〇
  • ○○氏に捧げる

これは、故人を偲ぶメッセージで、○○には亡くなった方の名前が入ります。

例えば、撮影中にスタッフが不慮の事故で亡くなってしまった場合や、実在の人物をモデルにした作品でその方がすでに亡くなっている場合などは、エンドロール後にこのようなメッセージが表示されることがあります。

【おまけ】エンドロールが面白い映画

最後におまけとして、エンドロールが面白い映画を3つご紹介!

一般的にエンドロールは黒い背景に白い文字で名前が流れるだけのシンプルなものですが、中には本編のように楽しめるユニークなエンドロールもあります。それがこちら。

  • モンスターズ・インク → NG集が見れる
  • 帝一の國 → ヒロインのダンスが見れる
  • ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い → 本編の真相がわかる
ミオ
ミオ

個人的にはNG集が好き!いろんな映画でやってほしいなぁ。

「いつもエンドロールは飛ばしてる」という方、もったいないですよ!

どんな人たちが映画に関わっているか知れるチャンスですし、(そうそうないですが)ハングオーバーのようにエンドロールまで見ないと真相がわからないこともあります。なので、ぜひエンドロールまで見てみてくださいね。

ちなみ上記3作品はU-NEXTで視聴できます。『モンスターズ・インク』に関してはレンタル料として199円かかりますが、無料トライアル申込時にもらえる600ポイントを使えば追加料金なしで見れますよ♪

U-NEXTの無料トライアルのやり方と注意点U-NEXTの無料トライアルのやり方と注意点

映画のエンドロールの名前の順番まとめ

以上、映画のエンドロールの名前の順番についてでした。

エンドロールの名前がどういう順番で並んでいるのか知っていると、名前を知りたい俳優さんがいた時に見つけやすくなるので便利です。

基本的には重要な役どころが最初の方に流れますが、大御所と言えるベテラン俳優は端役の後、キャストの最後に流れることもあるので覚えておきましょう!


本ページの情報は2021年7月20日時点のものです。最新の配信状況は配信サイトにてご確認ください。